「皮膚病」のおはなし

知っていますか? 犬や猫の皮膚は、人間よりも薄く弱いと言われています。

皮膚が薄いと、ダメージを受けやすい。

一見、厚そうな、犬や猫の皮膚。
でも、毛のある動物は、毛が保護をしているために、
人間よりも皮膚が薄いと言われています。
そのため、意外とデリケートで傷つきやすいのです。

栄養バランスの崩れは、皮膚に表れやすい。

皮膚の再生に必要な蛋白質や脂肪、炭水化物、
そして、正常な免疫と皮膚バリアを維持する
ビタミン、ミネラルなどの栄養をバランスよく摂ること。
これが、健康な皮膚を保つためには大切です。

皮膚の健康が損なわれると、
皮膚のバリア機能の低下につながります。

「皮膚病」のおはなし

皮膚のバリア機能の回復には、優れた栄養が不可欠です。

皮膚のバリア機能の回復には、優れた栄養が不可欠です

「皮膚病」のおはなし

皮膚は、4週間で生まれ変わります。

正常なバリア機能のある、健康な皮膚をつくるためには、適切な栄養補給が大切です。

皮膚が生まれ変わるためには
4週間かかりますので、
早めの栄養補給がカギになります。

「皮膚病」のおはなし

「皮膚病」のときの「食事管理」のポイント。

「皮膚症」のときの「食事管理」のポイント POINT1
「皮膚症」のときの「食事管理」のポイント POINT2
「皮膚症」のときの「食事管理」のポイント POINT3

「皮膚病」のおはなし

ホームケア

  • ・獣医師が指示した食事以外は与えないようにしましょう。
    (治療や食事の変更についても獣医師に相談しましょう。 )
  • ・獣医師の指導にしたがって、かゆみを抑えるための適度なシャンプーを行いましょう。
  • ・ペットが過ごす環境の温度と湿度を適切に管理しましょう。
    (高温多湿、極度な乾燥はかゆみの増強につながります。)
  • ・あまりかまいすぎないようにしましょう。
    (ペットがかゆみを示すしぐさに飼い主さんが過剰に反応すると、それが飼い主さんの気を引く行動と誤解して、必要以上に掻いて、皮膚に過剰な傷をつくることがありますので、 注意しましょう。)
  • ・こまめにブラッシングをしましょう。
    (長毛の場合、抜け毛がフェルト状になり、皮膚に好ましくない環境をつくります。猫の場合、抜け毛を放っておくと、毛づくろいの際に飲み込んで毛玉の原因になります。ブラッシングをしながら皮膚や被毛の状態を観察することで、皮膚の異常に気づきやすくなります。)

このページのトップへ