生後1年を過ぎた犬の80%、猫の70%が、歯や歯ぐきの健康上のトラブルを抱えています。

歯の病気について

歯周病

歯周病とは
歯と歯ぐきの病気は、歯垢の付着~歯石の蓄積~歯ぐきの炎症~歯を支えている組織の破壊と、悪化して行きます。

歯周疾患が悪化していく様子歯周疾患が悪化していく様子歯周疾患が悪化していく様子
  • 健康な口の中は、引き締まったピンク色の歯ぐきに、白い歯がしっかりと支えられています。口臭も気になりません。
  • 歯の表面のネバネバは歯垢と呼ばれ細菌を含みます。歯垢にカルシウムが沈着し、硬い石のような歯石ができると、口臭も気になるようになります。
  • 歯石に刺激された歯ぐきは炎症を起こし、歯のまわりの組織が徐々に壊れて行きます。歯ぐきは縮み、歯は茶色くなり、口臭も強くなります。
  • 歯ぐきの炎症が進むと、歯のまわりに歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。はれた歯ぐきは出血しやすくなり、激しい口臭が続き、歯もぐらついてきます。
歯周病がひどくなると、あごの骨ももろくなり、歯が抜け落ちたりします。あごが小さく歯の間隔の狭い小型犬では、症状の悪化に注意が必要です。

歯の病気について

全身の健康にも影響

歯周病と内臓の病気の関係
歯垢の中の細菌は、口の中の傷口から血管を通って全身の臓器に
運ばれることもあります。
歯周病と腎臓・心臓・肝臓などの病気が関係することもあるため、
歯の健康を守ることは全身の健康を守ることにもつながります。

痛みによるストレス
痛みや食欲があっても食べられないことはペットのストレスにつながります。

食事管理でデンタルケアt/dの粒の秘密はこちら