猫の甲状腺機能亢進症とは?正常な甲状腺

猫の頸部にあり、食事で摂取したヨウ素から適切な量の甲状腺ホルモン(T4) を産生し、代謝など大切な身体機能を調節します。

大切な身体機能[代謝][体温][血圧][心拍数][消化器機能]

猫の甲状腺機能亢進症とは?甲状腺の機能が亢進すると?

甲状腺ホルモンの産生・放出が過剰となり、その結果代謝も過剰となることで心臓や腎臓などに大きなダメージを与え、治療しないでおくと死に至ることもあります。
特徴として、年を重ねるほど発症頻度が上昇、罹病期間が長いほど症状は重症化します。
甲状腺機能亢進症は早期に対処を始めることが大切です。

日本における猫の甲状腺機能亢進症有病率

猫の甲状腺機能亢進症とは?猫の甲状腺機能亢進症の管理

甲状腺ホルモンの構成成分であるヨウ素の摂取制限が重要です。
甲状腺ホルモンの検査を含む定期的な検診が必要です。

食事管理のポイント● 毎日の食事を低ヨウ素食に替えましょう。● 他の猫や人の食事を与えないようにしましょう。● 拾い食いなどをさせないようにしましょう。● 体重を適正に保つようにしましょう。● 定期的に検診を受けましょう

製品情報へ

再生ボタンを押すと1分30秒の映像がご覧いただけます。